大阪・野菜の仕入れ・卸売のチャプター・ワン、商品紹介

  • 春の野菜
  • 夏の野菜
  • 秋の野菜
  • 冬の野菜

商品紹介

夏の野菜

  • とまと

    とまと

    旬は7月~8月ごろ。カロチンやリコピンが含まれています。 リコピンには免疫力を高め、がん予防にも効果があると言われています。 選び方としては赤くて張りがあり、身がしまっているものを選びましょう。 保存方法としては、ラップなどに包んで冷蔵庫へ。 温度が低いと糖度が落ちますので、10℃前後での保存が望ましいです。

  • きゅうり

    きゅうり

    旬は6月~8月ごろで、カリウム・ビタミンCを含んでいます。 利尿作用があり、むくみを予防してくれる効果があります。 選び方としては色が濃く、張りのあるもの。いぼがしっかりしていて締まっものが新鮮です。 保存方法としては水気をとって袋に入れて冷蔵庫で保存。 ただ低温に弱いので、冬場は暗くて風通しのよいところで保存が望ましいです。

  • とうもろこし

    とうもろこし

    旬は7月~8月ごろ。ビタミンB1・B2を含み疲労回復に効果があります。 選び方としては粒に張りがあり、ぎっしりとつまっているもの。 ひげが多く、皮の緑色がきれいなものが新鮮です。 保存方法としては、すぐに茹でるか蒸すなどして冷蔵庫で保存。 ただ、とうもろこしは鮮度が重要なので、収穫してからできるだけ早く召し上がっていただくことをお勧めいたします。

  • もろへいや

    もろへいや

    旬は8月で、カロチン・カルシウム・鉄分・カリウム・ビタミンB1・B2・C・Eなど、とにかく栄養満点の緑黄色野菜です。 美容効果にすぐれ、免疫力を高めてくれ、風邪の予防に効果があります。 そして、コレステロール値を下げてくれる効果もあります。 選び方としては、葉先がピンとしていて葉肉の厚いものを選びましょう。 保存方法としては、新聞紙に包んで冷蔵庫へ。

  • かぼちゃ

    かぼちゃ

    旬は6月~7月ごろで、カロチン・ビタミンC・E・食物繊維などを多く含んでいます。 美容効果や風邪予防・がん予防に効果があります。 栄養価は日本産よりも西洋の物の方が高いです。 選び方としては、ずっしりと重みがあり色の濃い物がよいです。 皮の表面につやがなく、硬い物を選びましょう。 保存方法としては、冷暗所でそのまま保存。1ヶ月位は日持ちします。